ねずみ駆除や駆除する際の注意点│子どもの安全にも注意しましょう

女の人

ねずみ発生の原因

2人の作業員男性

ねずみは生ごみなどをエサにして集まるので、アパートやマンションなどでゴミを捨てる日時が指定されている場合は、きちんと守ることがねずみを駆除するために大切です。また新聞や雑誌などはねずみの巣になるので、すぐ処分しましょう。

View Detail

駆除の注意点

男性作業員

ねずみ駆除をする際は逃げ出したねずみに噛まれないように注意しましょう。特にお子さんには免疫力がないので、安全な場所に移動させておくことが大切です。また、毒エサをまく場所は、お子さんが立ち入らない部屋にすることが必要です。

View Detail

業者に処分を依頼しよう

一軒家

ねずみには種類がたくさんあり、その数だけ習性も違うので、素人ではねずみ駆除や捕獲は困難です。したがって、インターネットや電話などを使用して業者に依頼するといいでしょう。

View Detail

業者の駆除作業の流れ

ねずみ

ねずみは築5年以上の家に出現し、築10年、築15年と年数が増えるごとに出現率も上昇します。ねずみ駆除を素人さけがやるには効率が悪いときがありますので、短期間で完全にねずみを家から追い出した場合は、ねずみ駆除を専門にしている業者に依頼すると便利でしょう。業者に駆除を依頼する場合は、インターネットや電話で予約をすることが大切です。そこで被害の状況やどのような方法で駆除するか相談してもいいでしょう。予約が完了すると、業者が自宅まできて、ねずみ被害の実態を調査します。具体的には、ねずみの侵入ルートの把握や生息地、どこでエサを摂取しているかなどを調査し、これをどのような駆除するのか依頼者と相談するようです。もし、依頼者に小さなお子さんがおられた場合は、毒エサなどをまくのは危険とされています。誤ってお子さんが毒エサを口に入れてしまう可能性があるからです。自宅の被害状況に適した駆除方法を、業者からいくつか提案されると思うので、予算の範囲内でできるだけ効果的な駆除を行なうことが大切です。また毒エサの他の駆除方法として、ねずみ捕りを設置や殺鼠剤を噴射などがあります。業者はねずみ駆除のプロフェッショナルなので、その家においてねずみ捕りが適当な場所なども把握しています。そのため、短時間でねずみ駆除を終えるでしょう。しかし、一度ねずみに侵入を許した家は、再びねずみが侵入する可能性が高くなってしまいます。そこで、業者はねずみが侵入しづらい防鼠策を提案してくれます。それを実践することで、ねずみ被害を繰り返すことを防止できるでしょう。