ねずみ駆除や駆除する際の注意点│子どもの安全にも注意しましょう

作業員の女の人

ねずみ発生の原因

2人の作業員男性

自宅でねずみの被害に困っている方が増加しています。ねずみ駆除をする前に、そもそもねずみが発生する原因を知っておくことで、事前のねずみ駆除対策になります。最も多いねずみが発生する場所として、家庭ごみを集める集積場にゴミが大量に放置しているような場所があります。ねずみは人間が食べ残した生ごみなどをエサにしています。カラスやゴキブリなどもそうですが、そのような動物はごみ捨て場に集まるので、これらゴミを放置するのは危険です。家庭ごみを何日も外に放置しているご家庭は、その習慣を改めることがねずみ防止対策に繋がります。また、アパートやマンションなどは、指定日にゴミ集積場に集めて捨てるときがあると思います。多くのマンションでは、当日の朝にゴミを出すように指定していると思いますが、居住人のなかには前日の夜からゴミを出す他、日にちに関係なく集積場にゴミを捨てる方もいるかもしれません。実はこれがねずみ駆除を妨げる原因になります。ゴミを何日間も外に放置すると、必然的にねずみにエサをあたえ、ねずみが集まることになります。したがって、このようなゴミ出し指定の日付は必ず守ることが大切です。指定日以外にゴミを出す人がいる場合、管理人さんに報告するか、住人同士で話し合って解決するようにしましょう。また、ゴミ集積場が設置されている場合はフタ付きのものかどうか確認しましょう。蓋がついていないと、朝にゴミを出した場合でも蓋を突き破って、ゴミを漁る可能性があります。そうならないためにも、ゴミ袋を頑丈なものにするか、ゴミ捨て場や集積場はすき間がない蓋付きのものにしましょう。また、新聞や雑誌の捨て方にも注意をする必要があります。新聞や雑誌はねずみが巣を作るのに最適な環境になります。もし新聞や雑誌を処分するときは何日間も放置することなく、まとめて処分することがねずみ駆除をする上で大切です。その他にもアパートやマンションに住んでいる場合でゴミ捨て場にねずみが生息している際、大家に連絡をして駆除業者を呼んでもらうと良いでしょう。