ねずみ駆除や駆除する際の注意点│子どもの安全にも注意しましょう

作業員の女の人

駆除の注意点

男性作業員

ねずみ駆除をする方法は様々ですが、小さなお子さんがいるときは、いくつか注意する点があります。ねずみは体内に人間にとって毒となる成分を多く含んでいます。ねずみ駆除でねずみが逃げ出したときに、お子さんに噛み付いたりしては大変です。ねずみに噛まれることで病気に感染してしまう可能性もあります。大人なら強い抗体をもっていれば消毒程度ですむ可能性がるようです。しかし、子どもは免疫力がないので噛まれてしまうと、重大な感染症になってしまうことがあります。もし噛まれた場合は、すぐに病院に行ってお医者さんに診断してもらうことが必要です。また、もし以前にもねずみに噛まれたことがある方が、また噛まれてしまうとアナフィラキシーショックになってしまうことがあります。アナフィラキシーショックは過剰にアレルギー反応を起こすことですが、これが起こると最悪の場合はショック死してしまいます。なにより重要なのは、ねずみ駆除のときに噛まれないことです。なので、駆除はできるだけ子どもがいないとき、もしくは子どもを安全な場所まで避難させてから行なうことが大切です。一般的な駆除の方法といえば、エサによる毒殺です。しかし、ねずみに毒が作用するような食べ物は、少なからず人間にも影響を与えます。ましてや小さなお子さんなら、なおさらです。それに加えて、子どもは大人と比べて判断力に劣るので、ねずみの毒エサを食べ物と勘違いして食べてしまうかもしれません。特に乳幼児期のお子さんは、目に入るものを何でも口に入れてしまうので大変危険です。したがって、毒エサをまく部屋には子どもを近づけないようにすることが重要になります。ついでに、子どもがいる部屋にエサをまかないことも同じように大切です。お子さんやご自身の安全面に配慮して、ねずみ駆除をすることが大切になります。安全性の高い駆除をするのであれば、専門業者に依頼をすると良いです。専門業者では毒エサを使用することなく駆除してもらうことが出来るので、お子さんがいる家庭でも安心して任せることが出来るでしょう。